頭を抱える女性

磁気で脳を刺激する

相談する人

心の病が生じてしまったとしたら、メディカルクリニックに通うことが大事です。生活習慣から気をつけることも大事ですが、薬を処方してくれたり手術やカウンセリングを受診することで格段に早く治療をすることが専門家の元では期待できるためです。精神科や心療内科では身体と精神の密接な結び付きを調べて治療を施しているので、精神的な落ち込みなどを身体から治していくというアプローチをとっているのです。ptsdの治療においてもこの考え方が適応されており、カウンセリングはもちろんのこと、脳へアプローチすることで治療を進めています。
特に最近では磁気刺激治療という治療法も注目されています。メスを入れることではなく、磁気の力によって脳に刺激を与えることになるので、薬や手術よりも安全な方法として目されているのです。脳の動きを詳しく調べることができるのも、民間のカウンセリングではできないことなので、効果的な治療をしてptsdを克服したいのであればメンタルクリニックに頼ってみましょう。

精神科や心療内科などでは心の問題は身体にも生じると考えられています。最近発症率が多いうつ病も、「心の風邪」と呼ぶ向きもありますが、脳に障害が起こっていると考えられているのです。そのため、磁気刺激治療で脳に刺激を与えて治療をするというやり方が行われるのです。ptsdを発症するとうつ病に進行するということもあるので、この症状でも磁気刺激治療が行われることになります。
なぜ磁気で刺激をしてptsdを治療するのかというと、脳の血行を良くするためです。脳の機能に問題が起こっているとき、脳ではある場所に血流が滞ったり、行き届いていなかったりという事態が生じています。凝り固まっている脳の血行を良くするためには手術で良くすることも可能ですが、磁気刺激で脳に刺激を与えることが最適なのです。この治療方法では背外側前頭前野に刺激が与えられます。そしてその刺激は扁桃体という人間の活動を司る部分を刺激することになり、それによって脳の血流が活発になるのです。